漫画の世界観やストーリー設定の作り方とは

1 :マンガを描く名無しさん:2010/01/09(土) 04:20:00

世界観とは…………

………何でしょう?

創作には書かせない世界観作り。
みなさんの世界観作りに関する知識、考えをお聞かせください。
世界観作りに役立つ資料、作品等の話題も歓迎です。
世界とは?設定とは?雰囲気とは?デザインとは?etcetc…

2 :マンガを描く名無しさん:2010/01/09(土) 13:15:09

現実と似たような物にする事。
例えばファンタジー物なら、現実の中性ヨーロッパで起きた事件をストーリーに取り入れてみたり(ベルセルク、FFT)
そうする事で架空世界にもリアリティが出る。
逆に、余りに現実からかけ離れすぎてると、どんなによく作り込まれた世界であろうと現実感は出ないと思う。

3 :マンガを描く名無しさん:2010/01/09(土) 20:31:03

なるほどねー

7 :マンガを描く名無しさん:2010/01/09(土) 22:15:41

世界観で評価されてるといえば攻殻機動隊じゃないの?
漫画でああいうことできる人は少ないと思うね
俺もできないし、できる人は本当にトップクリエイターの才能あると思うなあ

8 :マンガを描く名無しさん:2010/01/09(土) 22:51:21

あれは作者に機械やネットの専門知識があったればこそ描ける世界だね。

9 :マンガを描く名無しさん:2010/01/10(日) 00:15:55

ソ・ラ・ノ・ヲ・トは背景も服装も物凄く緻密に作り込まれていて感心した。
作品として面白いかどうかはまだ分からないけど、ビジュアルだけでも見る価値はある。

14 :マンガを描く名無しさん:2010/01/21(木) 22:30:09

ネットや書籍で参考探すとパクリとまではいかないけど罪悪感が出てしまって
作品作りが弱気になるんだよな
ゼロから生み出す力があればいいんだが

30 :マンガを描く名無しさん:2010/01/30(土) 22:03:26

言葉の意味を意図的に勘違いするのも一つの手だと思う。
ドラグーン=ドラゴン乗りみたいな。

31 :マンガを描く名無しさん:2010/02/07(日) 03:13:19

世界観作りに一番大切なのは資料集め

47 :マンガを描く名無しさん:2010/02/21(日) 01:46:31

世界観の設定ってかなり重要だよな
世界観は何が描かれるかに直結するし、描かれた絵は作品の売り上げに関わってくる。

あんまり言いたくないが小国の歴史モノはその国の人しか読まないだろう

51 :マンガを描く名無しさん:2010/03/14(日) 18:56:42

>>2
ハガレンもそのやり方で成功してるね。

オタファンタジーを非オタでも読めるようにするには
・「現実世界そっくりの世界」という三人称のナレーションを入れる
・現実世界とコンタクトを持たせる(現実世界の主人公をトリップさせたり、地球で別の歴史が動き出した設定にしたり。)。
・「現代」「外国」「時代劇」これに毛の生えた世界にする。
・カップルVS当て馬の関係を、少女漫画並に作り込む(やり過ぎぐらいが丁度いい)。
・「現実とここが違うでしょ」ということを訴えて、不条理ギャグにしてしまう。

52 :マンガを描く名無しさん:2010/03/14(日) 19:29:13

>>51
ハガレンの世界観自体は評価されてないだろ

56 :マンガを描く名無しさん:2010/03/15(月) 09:27:19

ハガレンが感情移入しやすいのは世界設定じゃなくてストーリーやキャラ造形のおかげだろ

58 :マンガを描く名無しさん:2010/03/15(月) 12:04:31

架空世界の人間でも現実の人間と同じ様な考えや習慣を持ってると親近感が湧く。

60 :マンガを描く名無しさん:2010/03/15(月) 20:12:37

>>57
男の三つ編みとかキモいじゃん
ザーボンさんかよ

61 :マンガを描く名無しさん:2010/03/15(月) 23:02:09

>>58
寿命数千年のエルフでも、
「エルフの○年は人間の一年に相当」
という設定を付ければ、あら不思議。

>>60
DBも親近感沸かせるのに成功してるファンタジー...

62 :マンガを描く名無しさん:2010/03/15(月) 23:44:09

とりあえず美形キャラだしとけば親近感は沸くと思うんだけど

65 :マンガを描く名無しさん:2010/03/16(火) 13:26:33

>>63
関連している点も見逃せない

69 :マンガを描く名無しさん:2010/03/17(水) 18:54:01

どういう世界観が受け入れられるかは読者層によって全然違ってくるだろう
特に重要なのはターゲットとする層に気に入ってもらえるかどうか

70 :マンガを描く名無しさん:2010/03/18(木) 15:49:02

魔法学校は使い勝手いいな。

82 :マンガを描く名無しさん:2010/03/22(月) 19:20:11

やっぱり資料を集めるのが一番大事やねー。
作り上げるのはそこから。

86 :マンガを描く名無しさん:2010/03/23(火) 15:37:29

今はデジカメやイメージ検索で資料集められるしね。

90 :マンガを描く名無しさん:2010/03/29(月) 14:25:30

背景がしっかりしてると作品にもリアリティが出るわ

106 :マンガを描く名無しさん:2010/05/09(日) 18:26:17

やっぱり重要なのは知識かね
イマジネーションも知識あってのもんだしなー

108 :マンガを描く名無しさん:2010/05/11(火) 11:03:03

>>107
パソコンとネットのおかげで、作家が逆にどれだけ泥沼にハマっていったか...
それまでノートと電卓だったのがパソコンを使用することで計算速度が上がったけど、そのせいでこれまでの自分の仕事が手抜きと感じで更に計算量を増やし、それまで書いたものを最初から見直さなくならなくなったベテラン作家。
ネットによりアレクサンドリア図書館を手に入れたと感動したものの、正確な情報を求めるとさらに深みに潜り込む必要の出てきた作家。
実際に会話をしたプロの作家さんは、パソコンとネットのおかげで更なる泥沼にハマっていったと証言していた。

でも、やっぱり一番面白いのは現場にいる人や実物を取材する事だそうで、それで作品のアイディアを作ったりしたと。
自分も、偶然見つけた博物館ネタにガイド本書いたけど、ネット上に上がっている資料と取材時の実物とでいろいろと違いがあるので、書いているときは悩みながらも面白かったし。

110 :マンガを描く名無しさん:2010/05/15(土) 14:38:49

>>108
絵が上手過ぎる、頭が良過ぎるのも悩みなんだね。
理想が高過ぎて、なかなか完成できなくなってしまう。
ちょっといい加減なぐらいが丁度いいのかもな。

115 :マンガを描く名無しさん:2010/07/13(火) 01:04:42

しかしファンタジーオタほど「どっかで見たような」ものになりがち
オリジナリティが欠如している場合が多い
知識が多いのも時に困りもの

116 :マンガを描く名無しさん:2010/07/13(火) 01:27:52

テンプレが豊富だからな
新しい種族を一から設定して説明していくよりも
「エルフ」と一言書けば通じてしまうジャンルだし

133 :マンガを描く名無しさん:2010/08/06(金) 11:30:39

世界観を作るのに歴史書ほど役に立つ物はないわ

206 :マンガを描く名無しさん:2010/09/20(月) 14:53:13

異世界ファンタジーを作るのに悩ましいのは、変な動物の生態だな
たとえばドラゴンは何食って生きてんだよっていう

小林裕也『うちのファンタジー世界の考察』って本を読んだんだけど
四本足の動物に羽を生やすには「六本足脊椎動物」でなければならぬとか
変なところに耳はやすと脳みその容積が減るだとか
クソリアルな動物設定が書いてある

なんでも魔法で済まそうとしてたのをちょっと反省したでござる

207 :マンガを描く名無しさん:2010/09/20(月) 19:45:15

>>206
しかしそれも物理法則が同じ世界での問題であって
物理法則からして違うのが普通の魔法ものだと、独自の進化を考えなくてはならない

210 :マンガを描く名無しさん:2010/09/22(水) 07:17:04

RPGによく出てくる、
氷や水晶でできたスケルトンな神殿に憧れてる。

211 :マンガを描く名無しさん:2010/09/23(木) 01:02:19

スケルトンホテル~

スケルトンホテル

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/11/Sweden_Ice_Hotel_5.jpg

212 :マンガを描く名無しさん:2010/09/26(日) 17:56:57

最近は不思議な事が何もかも科学で解明されてしまっていて困る

214 :マンガを描く名無しさん:2010/09/26(日) 22:30:48

現代の科学で証明されていることが真実だとは限らない

231 :マンガを描く名無しさん:2010/10/09(土) 19:13:08

崩壊後の世界ってのはSFとファンタジーや西部劇を共存させやすい。
ナウシカ、D、∀などなど...。
人知を越えた化け物(前時代の遺物)を登場させやすいってのもあるけど。

232 :マンガを描く名無しさん:2010/10/09(土) 20:06:57

崩壊後の世界ってそれ自体がなんか人を引き付けるんだよ
タナトスを刺激する

253 :マンガを描く名無しさん:2010/10/21(木) 23:58:49

どうやって設定をつくるかってのが主眼なんだから
いじれるパラメータを絞るのは当然だと思うんだが
独占→開放→喪失なんてよくあるシナリオの流れだから肉付けが重要でしょ

363 :マンガを描く名無しさん:2010/11/25(木) 09:14:37

昔のアクションゲームの
一面・森 二面・海 三面・砂漠 四面・高山 五面・雪原 六面・魔界
という法則が好きだ

365 :マンガを描く名無しさん:2010/11/29(月) 20:51:42

五面まではともかく六面を地図のどこにいれるんだ?

369 :マンガを描く名無しさん:2010/12/04(土) 05:28:51

ファンタジーの世界観設定考えるの難しすぎわろた
中高生ぐらいの時にもっとそういう本読んでおけば良かった

388 :マンガを描く名無しさん:2011/01/21(金) 13:52:19

ファンタジーに出てくるモンスターって大概未開部族(西洋人から見て)のメタファーなんだよね
そう思うと悲しくなった

389 :マンガを描く名無しさん:2011/01/21(金) 16:18:18

日本の鬼やモンスターも外国人(背が高くて髪が赤い)や見た事のない
生き物(象やキリン)のメタファーの場合があるよ。
分からない、理解できないというのは恐怖や脅威に結びつきやすいから
モンスターとして想像してしまいがち。

443 :マンガを描く名無しさん:2011/04/11(月) 21:11:42.09

やっぱりある程度照明が暗い方が雰囲気出るんだよな
節電でデパートが照明量絞ってるのを見てつくづくそう思う

446 :マンガを描く名無しさん:2011/05/09(月) 08:21:53.30

日本のファンタジーって崩壊後の世界って設定が多いよね
日本人にとってはそういう設定の方が感情移入しやすいのか

447 :マンガを描く名無しさん:2011/05/09(月) 10:44:25.78

崩壊前だと現代の延長かきっちり歴史を作らなきゃならなくなるが
前者はつまらなくて後者は難しいからだろ
崩壊後じゃない歴史にはイヴァリースなんかがあるが
感心されるのは、そういうのを作れる人が少ないからだ

450 :マンガを描く名無しさん:2011/05/09(月) 14:18:14.08

とりあえず小説の世界観を絵で表現する練習をしてみたらどうだ
想像力ない人でも小説の絵模写となればオリジナリティを出さざるを得なくなる

463 :マンガを描く名無しさん:2011/05/13(金) 22:09:17.13

ストーリーそのものも、テンプレで作っちゃえ!!!
というのが、オレの考え。
ハリウッド映画は、だいたいこんな感じ。
また、日本のアニメも、シリーズ全体はだいたいこのような構成になっている。

1 発端

主人公のもとから、何者かによって、大切なものが奪われる。
大切なもの = 恋人、家族、友人、仲間、地位、名誉、財産、伝説の剣、秘伝のレシピ、平和な日常生活など
主人公は大切なものを取り返すために、行動を開始する。

2 仲間の登場

主人公が行動を開始すると、主人公に協力する仲間が現れる。

3 ラスボスの手下との戦い

ラスボスは、主人公の行動を妨害するため、自分の手下を主人公に差し向けて戦わせる。
普通はだいたい三人くらいだけど、長編になると、ラスボスの手下がやたらと多くなる。

4 謎の解明

ラスボスの手下との戦いによって、さまざまな謎が明らかになる。
謎 = ラスボスの正体、ラスボスの本拠地、ラスボスの野望、ラスボスが主人公から大切なものを奪った理由、など。
ラスボスの弱点や盲点以外の伏線は、ここで回収する。
過去の回想シーンなども入れる。

464 :マンガを描く名無しさん:2011/05/13(金) 22:10:49.45

5 ラスボスの罠

ラスボスは主人公との直接対決を決意し、主人公を本拠地におびき寄せる作戦を立てる。
ラスボスは、大切なもの、あるいは主人公の仲間を人質に取り、
本拠地に罠を仕掛けた上で、主人公を挑発し、主人公が本拠地に来るように仕向ける。

6 ラスボスとの最終決戦

主人公はラスボスの本拠地に乗り込んで、ラスボスと決戦。
戦いは最初は主人公が優勢だが、実力は互角で、なかなかラスボスを倒すことができない。
そのうち、ラスボスの仕掛けた罠が発動して、主人公は一転、不利な状況になる。
しかし、主人公はラスボスの弱点、もしくは盲点に気がつき、そこを攻撃。
形勢は一気に逆転して、ぎりぎりのところで勝利を掴む。

7 脱出

主人公は大切なものを取り戻し、仲間とともにラスボスの本拠地から脱出する。
そして、平和な日常生活に戻って、ハッピーエンド。


471 :マンガを描く名無しさん:2011/05/15(日) 19:20:10.27

全てはパーツの組合わせ方だとも言うね

472 :マンガを描く名無しさん:2011/05/15(日) 23:20:16.02

ストーリーという骨を、世界観等の設定という筋肉で繋ぎ、そこにキャラクターなどで肉付けしていくと。

475 :マンガを描く名無しさん:2011/05/16(月) 03:04:10.92

戦国マップ世界観
敵軍の支配から免れる為、各国の勇士が大暴れ
小学生男子向け

ドールハウス世界観
舞台を使ってゆるい日常生活を書けばいい
ムーミンの世界で暮らしてみたいスイーツ向け

中二病世界観
とにかく格好いい台詞や場面を見せまくれ
話はペラペラでおk
チートキャラのプロモーションビデオ向け

ジブリ世界観
テンプレストーリーの中で世界観の設定を説明しよう
作画技術を自慢したいアーティスト向け

エア世界観
独創的な映像が流れていればそれでいい
美術館向け

477 :マンガを描く名無しさん:2011/05/16(月) 08:23:00.28

>>475
> 戦国マップ世界観
バトルもの

> ドールハウス世界観
けいおんとか

> 中二病世界観
鰤テニヌとか

> ジブリ世界観
これがわからん

> エア世界観
ドロヘドロとか松本大洋系?

下二つの具体的な違いは何?

481 :マンガを描く名無しさん:2011/05/16(月) 10:00:37.84

ストーリーのあるもの
魔女宅、もののけ、ハウル

ほとんどあってなきがごとしのもの
4°Cとかミュージッククリップとか

484 :マンガを描く名無しさん:2011/05/17(火) 01:27:04.98

ジブリ世界観はプチ感情移入機能付き
エア世界観は人間が出てくるけど背景と同じ

どちらにも言えるのが、キャラ萌え用ではないこと
(作者はその気があるが)

490 :マンガを描く名無しさん:2011/05/17(火) 13:18:20.49

好きな話の為の資料収集は、案外苦痛じゃないぞ。
料理や部屋の飾り付けのようで楽しい。

大河ドラマではなく、
忍者ハットリ君や武者ガンダムを作るつもりで
日本史の本読んでごらん。面白いから。

497 :マンガを描く名無しさん:2011/05/18(水) 09:30:35.66

兵器の動力源が

スターウォーズみたいSF→電力
指輪物語みたいファンタジー→魔法力
和風ファンタジー→霊力

が多いが、他に有名なパターンある?萌力は除く。

498 :マンガを描く名無しさん:2011/05/18(水) 10:47:42.31

ガンダム→原子力
スチームパンク→蒸気

499 :マンガを描く名無しさん:2011/05/18(水) 12:38:49.21

エヴァは色んなフックがあるんだよ。
ドラマの面白さ、アクションの気持ちよさ、謎解き、緻密なメカ描写、可愛い女の子...。
だから、誰でも一度見ればどこかしらに食いつく。

そして最終回の後、色んな所で取り上げられて見る人も増えたし(それに合わせて再放送もされた)
その人達がまたはまって一大ムーブメントになった。

500 :マンガを描く名無しさん:2011/05/18(水) 12:43:43.33

>>497
スタンドや悪魔の実のような特殊能力

563 :マンガを描く名無しさん:2011/05/30(月) 23:04:43.36

神話って個々のエピソードの集まりなことが多いから
話の流れがわからなくなることが多い...
あと伝承民話みたいなもんだから矛盾点とか結構あるし

564 :マンガを描く名無しさん:2011/05/30(月) 23:27:32.92

その矛盾の辻褄合わせが楽しい
ツッコミ所の多い話の方がパロディしやすいっちゅーか

話づくりの参考にはならないけど、神話民話は度知識として覚えおきたい。
あとストーリーの中にオリジナルの神話を入れたい時に役立つ。